ちょっと気にかかることがある

興信所や探偵を利用する事由の大半は、浮気の行動調査ではないでしょうか。

ちょっと気にかかることがあるから、とりあえず不倫の有無だけ知りたいという依頼から、離婚裁判の証拠として採用されるような報告書が欲しいといったケースなど幅広い調査に応じています。

とりわけ、不倫相手に慰謝料を求める場合は、証拠の精確さが大事ですから、やはりプロの探偵に依頼するのがおすすめです。

法的な判断材料となる不倫の証拠がければ、裁判などでは思うような結果にならないかもしれません。

パートナーの不倫行為が立証できなければ、裁判で不倫そのものが否定される場合もあるのです。

そんなときに大事なのが「動かぬ証拠」なのではないでしょうか。

思いこみで裁判に負けることを防ぐために、あらかじめきちんと調査しておくことは大事です。

社内恋愛が多いせいか社内不倫も少なくありません。

しかし、もしバレても、あくまでも個人的な事象ということで、セクハラのように解雇はできません。

そうはいっても、会社の就業規則に記載されている、職場の風紀秩序を壊乱したか、そのおそれがあるという箇所に触れているということで、懲戒処分に相当しますが、実際の例を見る限りでは、上司からの訓告程度で、処罰といえるようなものはなしで終わることが多いようです。

子育てが落ち着き、周りも勧めるのでパートを始めたんですけど、子育てのことで親身になってくれた男性社員さんと、浮気してしまいました。

ずっと家庭から出ず、主婦ぼけしてた私の甘さもあるのですが、挙動があやしいと、夫なりにすぐピンとくるものがあったらしく、相手の奥さまと内密に連絡をとられて、先方は別居、私は離婚で慰謝料も支払うということになってしまいました。

未成年の子がいて離婚する場合、浮気していた側は子供の親権がとりにくいと思われているようです。

一般論ではそうかもしれませんが、実際はちょっと違います。

基本的に親権というのは、日常生活を共に送れているかやどれくらい育児に関心を持ち、かかわっていたかといった点を見ていきます。

つまり、浮気 調査 比較でも子供の生育に適した環境かが優先されると考えて良いでしょう。